女優ものの良さ

先ほど紹介した企画ものと丁度反対にあるジャンルが女優ものです。この女優ものの最も大きなメリットは、AV女優の性行為を見る事ができる所です。何を当たり前の事を言っているんだと思われるかも知れませんが、企画もののデメリットは、企画が一緒でも出演する女優が違っているという事なのです。いかに気に入っている企画ものであっても、巨乳派の方が貧乳のAV女優が参加している作品に惹かれないのはもちろんのこと、その時の流行などによっても微妙に変わってきますので、企画自体に惚れ込んでいる方は大丈夫なのですが、少し気に入ったような程度で企画ものを追いかけているような場合には、失敗してしまう可能性もあるのです。

これに対して女優ものは自分が贔屓にしてる女優の性行為を見る事ができますので、大きな失敗はありません。また、監督やメーカーなどによってプレイスタイルが変わってきますので、大好きな女優の違った顔を見る事ができるといったメリットもあります。これまでは清純派の女優だったけど、作品と監督が変わったことで、ギャル系痴女の役などにチャレンジしたりします。意外にこういった新たなチャレンジは良い結果を生む事が多いので、女優ものは外れが少ないと有名なのです。

企画ものってなに?

エロ動画のレビューやエロ本などをチェックしていると「企画もの」という言葉を良く目にする事があると思います。そもそもこの企画ものというジャンルは、一般的なベッドの上での性行為を見るような物ではなく、普段とは違う物に挑戦するようなシリーズの事です。

この説明だけでは難しいかも知れませんので例を紹介するのに最適な作品は、企画ものとして最も有名なソフト・オン・デマンドグループが作った移動スタジオを使って撮影をするマジックミラー号です。このマジックミラー号は、キャンピングカーを改造した車の二台の一面をマジックミラーで覆う事で、外からは見えないけど中らはまるで人の多い野外で性行為を見せつけているような映像を取る事が出来る作品になります。このマジックミラー号は、一度では終わらずに出演者を変え、細部を変更する事により、20年近くも続いた大人気の企画ものとなっております。

他にも企画ものとして有名な、AV女優ではなく、一般のSOD女子社員にエッチな事をする「SOD女子社員」シリーズであったり、毎回違った女優が人妻がレイプされるのを演じる「あなた、許して…。」シリーズなどがあります。一度気に入った企画ものを見つけると長く楽しめますのでおすすめです。

AVはジャンルが多彩!

エロ動画の世界では、人の数だけフェチが存在します。例えば、エロ動画のラストに行われる事が一般的な射精のシーンですが、精子をどこに出すのかによって、その作品の出来と傾向を大きく左右する物になっております。射精する方法で一般的なのはコンドームの中に出す方法なのですが、エロ動画では、ゴムを付けずに中出しをするシリーズが人気であったり、顔に射精する顔射というカテゴリーがあったり、顔射でも口を開けさせてベロの上に出す舌上射精という物があったり、おっぱいやお尻、お腹などのパーツに出すような場合もあり、監督や作品、出演しているAV女優によって射精する場所は様々です。

射精だけでもこれだけ多くのバラエティに富んだ仕様があるのですから、エロ動画の作品は、ほぼ無数と言って良いほどのカテゴリーが存在するのを想像するのは難しくないと思われます。

しかし、初めてエロ動画を見る方や、これまでそこまで詳しくエロ動画について調べてこなかったり、無意識で選んできた人にとっては、いまいちピンとこない方も多いと思います。そこでこちらのページでは、多彩なAVジャンルの現状についてや、最近人気の企画ものの魅力などについてご紹介しながら、最も愛用者の多い女優ものの素晴らしさなどについてご紹介させて頂きます。また、企画ものがどのような作品かわかっていない方はもちろん、これから更にエロ動画を深く楽しみたいという方の為に有益な情報をご紹介させて頂きます。